それから

ちょいと読んでかない?30代、心に響く本や音楽、その他のコト

無理ゲーなんだよな。

ここのところ体調が悪い。
ここで言う「体調が悪い」というのは、体が鉛のように重くてだるくて何もする気が起きないことを指す。
まあ、はっきり言ってしまうと、うつ病の症状だ。うつ病というと、経験がない人は精神的な不調を思い浮かべるだろうけど、実は体にも多大な影響が出る。本当に調子が悪い日は朝ベッドから起き上がることができない。やる気とかそういう問題じゃなく、文字通り、本当に、起き上がれない。

そういう状態からの外出はかなりハードルが高い。まず、起き上がるのに体と心のエネルギーをほぼ使い果たす。起き上がれたとしても、そこから家を出るまでにはいくつものミッションをこなさなければいけない。
シャワーを浴びる(髪を洗う、身体を洗う、顔を洗う、身体を拭く)、下着を選ぶ、化粧水、乳液をつける、髪をドライヤーで乾かす、コンタクトレンズを入れる、服を選ぶ、服を着る、化粧をする(下地、ファンデーション、眉を描く、アイシャドウを塗る、まつげをビューラーであげる、マスカラを塗る、チークを塗る、リップを塗る)、髪の毛をワックスでセットする……。
こうして描き出して見るとものすごくミッションが多い。しかもこれを電車に乗る時間に合わせて逆算しながらこなしていかなくてはならない。
普通の人には苦もなくできることも、うつの状態ではこれのひとつひとつをこなすのにものすごいエネルギーを使う。
基本的に、工数が多い作業を行うのが困難になる。だから、これに加えて朝ごはんを作るなんてかなり調子が良い時でないとできない。
料理は工数が多い作業の代表格なので、うつ状態の人間にとって相当難しいミッションなのだ。
クリアできる気がしない。無理ゲー。超無理ゲー。

そういう無理ゲー感を恋人に説明しようとしたけど、理解してもらえない気がして、諦めた。
自分ができることをできない人がいるって、人間なかなか理解できないよね。私も、そうだ。

いつも、こういう時、ものすごく孤独を感じる。
たとえどんなに君が好きだよ、って言われても。
孤独って物理的に独りの状態じゃなくて、
理解してもらえないってことかもしれない。

わがままかもしれないけど、私が「体調悪い」って言った時は、
「家で何もしないで寝とけば」って答えてほしい。
ちょっとは調子良くなって、ミッションクリア出来る日もあるからさ、
その時まで、待っててくれないかな。